梵字バーブログ-Bonji Bar Blog-

浅草「梵字バー」より
煙と酒と音と仏
<< 東京スカイツリーシーシャで水タバコ | TOP | Adidas X Bonji Bar 梵字曼陀羅スニーカー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
梵字バーの "ザ・ベストテン" Doo wop バラード編
勝手に選んでみました。今週のドゥーワップ バラード編!

ドゥーワップって何ぞや? まぁアメリカ50から60年代初頭に一瞬だけ開花したコーラス隊によるR&B派生のメロディアスなポップスなのですが...

日本では、シャネルズ(元ラッツアンドスター)キングトーンズの音楽性が想像しやすいかと...
バラード代表曲
シャネルズ 月の渚−YOU'LL BE MINE−月の渚−YOU'LL BE MINE−

日本のムード歌謡や歌謡ポップスには想像以上に影響を及ぼしてるジャンルかと...歌い回しが甘可愛いので日本人好みでは?

そもそも私が20数年前に自分でバーを開こうと思った動機は「ドゥーワップを聴かせる店をやりたい」 がスタートでした。

そこで、まずはアメリカングラフティという映画 ご存知ですか?
実はこの映画のサウンドトラック(以下AGS)
はオールドロックンロール、オールディーズポップスなどアメリカの50〜60年代大衆音楽の入門編としては名盤で、
特にドゥーワップバラードの選曲は秀逸で定番名曲ほとんど網羅しています。このアルバムはロック、ポップスファンの方々には全編耳を通して頂きたい。(と言うか映画を観て欲しい)

では、残念ながらAGSの選曲から漏れたドゥーワップバラードの名曲を勝手に選んでみました。
 
アーティスト タイトル 試聴
Flamingos I'll Be Home
Phil Phillips Sea Of Love
Arthur Alexander Anna
Jimmy Charles A Million To One
Jive Bombers Bad Boy
Betsy Brye Sleep Walk
Robert & Johnny We Belong Together
5 Royals Dedicated To The One I Love
Ruby & The Romantics Hey There Lonely Boy
Sam Cooke Bring It On Home To Me

まずは大御所FlamingosのI'll Be Home
日本ではパットブーン版が有名かな?
共に代表曲のI Only Have Eyes for You
はAGSに選曲されてます。

Phil PhillipsのSea Of Love
ロックマニアの方ならHoneydrippersカバー版をご存知かも?

大好きです! Arthur Alexanderの代表曲Anna(Go to Him)!
ビートルズによるカバー版もGood!
初期ビートルズってドゥーワップのカバー曲多いですよね。

Jimmy Charles A Million To One
ボビーブラウンの出身バンド
New EditionのドゥーワップカバーアルバムUnder The Blue Moonにて同曲カバー。
録音が新しいので聴きやすいかな。

Jive BombersBad Boy
映画 Cry Babyの挿入歌。
日本ではクールスがアルバムOLDIES SPECIALにて横山剣さんボーカルでカバー。

インストの名曲 Sleep Walk のドゥーワップ風ボーカル入り版。
オリジナル曲はSanto & Jonny。映画 La Bambaの挿入歌。
この曲は数多くのギター名手がこぞってカバー(品評会レベル)しており、
Jeff Beck版 Brian Setzer版など聴き比べも楽しい。

先出のラバンバつながりでこの曲を
映画の主人公 リッチーヴァレンスの代表曲We Belong Togetherのオリジナル曲です。
映画サントラはロス ロボス版。ややこしい...

Dedicated To The One I Love
シュレルス版がおなじみですが、こちらがオリジナルでオススメ??

Ruby & The RomanticsHey There Lonely Boy
この曲も先出 New EditionのUnder The Blue Moonにて同曲カバー。

Sam Cooke Bring It On Home To Me
説明不要の名曲。カバー曲も多数有り。
今回はコーラスグループでは無いアーティストの楽曲も多数選びました。
マイケルジャクソン ジェームスブラウン等思わぬ有名アーティスト達が
ドゥーワップサウンドを手掛けています。

今週のスポットライト!
14 karat soul ゲット・バック・イン・ラブ

Neo Doo Wopの騎手
Stray Cats - I Won't Stand In Your Way
のコーラスを担当、
14 karat Soul (フォーティー・カラット・ソウル)による
山下達郎 ゲット・バック・イン・ラブのカバー。
実は私、彼らのレパートリー何曲か選曲してるんですよ...初期の頃はあまりドゥーワップの曲を知らない様子でしたので、色々聴いてもらいました。凄く熱心でマジメ、気に入った曲をメモしてました。
そんな思い出から、彼らにスポットライト! CDも色々出ている様なのでゲット!!

6月22日 札幌でDJします。
選曲はドゥーワップバラード
と思いましたが...
ライブイベントですので
今回は Jump Doo wop & Black Rock & Roll Remixで行こうかな?

梵字バーは6月22〜24日迄お休み致します。

 
18:50 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
18:50 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://bonji.jugem.jp/trackback/75
トラックバック
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログランキング・にほんブログ村へ

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--